REPORT/INTERVIEW

  • 月形町に新たなアート複合施設「ツキガタアートヴィレッジ」が誕生

    札幌から1時間ほどのところにある月形町に、アートギャラリー併設の多目的施設『ツキガタアートヴィレッジ』が2022年9月19日にオープンを迎え記念イベントが行われた。

    人口3000人弱の月形町は近年過疎化が進み空き家・空き店舗などが増えている。また比較的人口の多い都市間にありながらも、これといった観光資源がないため「通り過ぎる街」という印象を持つ人も多いようだ。明治から長い歴史を持っていた知来乙(ちらいおつ)小学校も2006年に廃校。その小学校施設を活用して誕生したのがツキガタアートヴィレッジだ。

    このツキガタアートヴィレッジで村長を勤める久保奈月さんは美術・書家として海外でも活躍する中、2019 年月形町へ移住。この地域の現状を思いツキガタアートヴィレッジ構想を開始。クラウドファンディングで改修資金を募り見事達成した。

    ツキガタアートヴィレッジはギャラリースペース、アーティストのアトリエスペース、イベントなどが行える旧体育館やグラウンドなど様々な使いかたができる施設として運営を開始。オープニングでは早速アーティストの朝地信介さんによる個展とワークショップが行われていた。

    また、15時からは体育館スペースでオープニングトークが行われた。代表を務める荒井純一さん、村長の久保奈月さんによる施設の説明ののち月形町職員による町の紹介が行われ、町外からの来場者にも地域のことを知る機会となった。

    後半には、まちづくりプランナー酒井秀治さんと月形町の若手で作られたプロジェクトつきがたデザインのメンバーが登壇し『まちづくりとはなにか?』をテーマにトークセッションが開始。街の課題や歴史が語られるなかでツキガタアートヴィレッジに期待することなど来場者含め活発な意見交換が行われた。また、つきがたデザインの梅木悠太さんが始めたコワーキングスペースTsukigata LABOの紹介など月形町で生まれ始めた新しい取り組みの紹介も行われた。

    ツキガタアートヴィレッジでは今後アトリエ利用するアーティストの募集をはじめる予定だ。もともと教室だった部分をアトリエ利用しながら、地域の人と交流を持ってくれるアーティストを広く募集する。続報については各種公式SNSや今後できる予定の公式サイトなどで随時発信していくとのこと。

    ツキガタアートヴィレッジ TSUKIGATA art VILLAGE
    instagram

    住所:北海道樺戸郡月形町知来乙22-6
    連絡先:tsukigata.a.v@gmail.com
    一般開放日:土曜日・日曜日13:00-18:00

    ※平日については要問い合わせ
    ※ご来場前にSNSチェックやお問合せ下さい。
    ※都合により開放日変更やイベント等での開放の場合あり

     

  • 「雇用」というアーティスト支援の新しいかたち。AVANTIST PROJECTが募集開始。

    今年度から札幌市はアーティスト自身を支援するだけでなく、アーティストの中間支援プロジェクトに対しての補助金交付を開始した。新型コロナという未曾有の体験が生んだ1つの新しい取り組みとしてにわかに注目を集めているが、こういった取り組みを始めたのは行政だけではない。新型コロナを契機として民間でもアーティストを支援する新たな取り組みが始まった。

    2022年6月にオープンしたGALLERY CLACはアーティストにあった職種や雇用条件で働きながら制作に打ち込める生活環境づくりを支援するAVANTIST PROJECT(アバンティストプロジェクト)を開始した。

    これは現実に即した新たな支援のかたちだ。アーティスト活動を専業として活動している人はとても少なく、なんらか別の経済活動を並行して行っている、いわゆる兼業アーティストがほとんどだ。その中には、いずれは専業となることを目指す人もいれば、兼業アーティストとしてバランス良く継続的に取り組んでいる人もいる。しかしコロナ禍により、そういった形が困難になり創作活動をやめざるをえないという選択肢を選ぶ人も出てきてしまった。

    そういった現状を知ったGALLERY CLACはサポート企業とともにアーティストの活動を「雇用」という形で支援を行っていくAVANTIST PROJECTを企画。各々の活動形態に即した雇用をすることで経済活動面の支援をするとともに、GALLERY CLACでの発表支援を行っていく。

    このプロジェクトは採用という問題を抱えている企業にとっても課題解決の可能性を含んでいる。通り一辺倒な福利厚生だけでなく、アーティスト活動の支援を前提とした雇用を行うことは新たな人材の掘り起こしにも確実につながるだろう。さらには企業イメージの向上やPRの新たな形へと繋がっていく可能性も十分に予想される。

    応募については履歴書とポートフォリオの提出のみ。ポートフォリオについてはステートメントや活動への思いを文章にしたためる形でもOK。働き方についてはサポート企業と直接面談を通して最適な形を一緒に探していくとのこと。募集条件も非常に幅広く、多くのアーティスト(およびそういった活動をしたい方)が当てはまる。

    プロジェクト名AVANTIST(アバンティスト)はフランス語のavant(前)+artist(アーティスト)を繫いだ造語だ。この言葉には、別の経済活動をしながらアーティスト活動をしている人をフリーターと見てしまう世間への新たな価値の提示でもある。兼業アーティストをフリーターではなく「アバンティスト」という名称で呼ぶことで、社会からの見え方は大きく変わっていく。そういった思いを込めてプロジェクト顧問でありアーティストの藤沢レオさんが命名した。

    アバンティストプロジェクトは今回だけに限らず継続的に行っていくことを目指しているとのこと。今後サポート企業についても増えていくことを目指していく。この新しい動きが札幌にどのような新たな価値を生み出していくのか。今後の動きに注目していきたい。

    詳細については以下の募集要項をご確認ください。(〆切2022年10月30日)


    AVANTIST PROJECT

    このプロジェクトはgallery CLACが主体となり、 アーティストが次のステップに踏み出すための 継続的支援を目的とした取り組みです。
    私たちはアーティストを雇用し、個展開催をバックアップします。

    gallery CLACを始めるにあたり様々な工芸家やアーティストの方とお話しする機会をいただきました。その中で作家活動のみを生業として生活できている人は一握りしかいないという現実を知りました。多くのアーティストは生活のためにアルバイトをしながら空いた時間と少しの予算で制作をしているそうです。
    しかし、昨今のコロナ禍においては、それすらもままならず制作活動を辞めざるを得ないアーティストもたくさんいるとききました。アートに関わるものとして、現状に一石を投じたいと強く思いました。素晴らしいアーティストに安心して作品を制作してもらい、それを発表する機会を用意できたら。そんな思いからアバンティストプロジェクトは生まれました。

    ▼概要
    サポート企業と連携し、アーティストにあった職種や雇用条件で働きながら 制作に打ち込める生活環境づくりをサポートします。
    アバンティスト採用後半年から1年以内にgalleryCLACにて 個展を開催することを一つの目標とします。

    ▼募集対象/条件
    ・札幌市もしくは近郊で熱意を持ってアーティスト活動をしている方、またはアーティストを目指している方
    ・活動の場や表現の範囲を広げたい方
    ・仲間やチームを作りたいと思っている方
    ・個展を開催したい方・アーティストではなくてもアート事業に関わりたいと思っている方
    ・ギャラリー運営やプロジェクト運営に興味がある方
    ・札幌市内で働ける方

    ▼選考方法
    書類・ポートフォリオの提出 → 一次面談 → 二次面談 → サポート企業面談 → アバンティスト認定

    ▼応募について
    期間/2022年9月13日-10月30日
    写真付き履歴書と作品ポートフォリオ (ステートメントまたは活動への思いを含む)を
    下記メールアドレスへ送ってください ※書式自由
    gallery.clac@gmail.com

    主催/gallery CLAC
    代表/佐々木 剛(gallery CLAC 代表)
    顧問/原 ななえ(“FURNITURE DESIGN AGRA” “Deer Park” デザイナー・造形家)
    顧問/藤沢 レオ(アーティスト・金属工芸家・NPO法人樽前arty+ディレクター)
    サポート企業/株式会社 COTOTORI

    募集要項PDF版はこちらから

  • 2つの顔を持つ柔らかな空間「十年二十年」がオープン

    2022年6月5日にオープンした『十年二十年』。手仕事で作られた工藝品を販売するショップと道外作家を中心に紹介する企画ギャラリーという2つの顔を持ったこの空間は、両方を同時に1つの空間で行っているのではなく、時期によって全く異なる場所のように空間全体を使って行われています。
    行くタイミングによってまるで違うところに来たような気分になりながらも、どこか共通する柔らかい空気感で迎え入れてくれる『十年二十年』。なぜこういったスペースを始めたのか、代表でグラフィックデザイナーの榊原直樹さんにお話を伺いました。

     

    ー「十年二十年」をはじめた経緯を教えてください。

    この物件は、5年ほど前からデザイン事務所とカメラマン事務所としてパートナーの寺島博美とともに二人でシェアしているオフィスです。
    当初から中央のスペースで、普段の仕事とは違う新しいことを始めたいと話していました。都内でギャラリーショップをしていた友人の働きかけや、陶芸作家さんたちとの出会いをきっかけに、以前から収集していた手仕事のへの熱が高まり、工藝品ショップ兼ギャラリーをはじめることにしました。

    ー「十年二十年」という名前の由来を教えてください。

    長い年月、制作工程やデザインが変わらなものは、生活の中でも飽きのこないものが多いと感じます。100年とは言わないけれど、流行に流されず10年20年とそばに置いておきたいものを扱いたいと思い命名しました。

    ー手仕事製品販売と展覧会、2つの業態としたのはなぜですか。

    生活に溶け込む工藝も好きですし、生活感と少し距離のあるアートも好きです。一つのことだけに熱中するよりも自分にとってバランスがとれるんです。

     

    ー展覧会のスタートを『青木鐵夫 | 木版画展』で始めた経緯を教えてください。

    木版画は、手仕事の温かさや美しさが感じることができ、十年二十年の構想と合っていました。版画家の青木鐵夫さんは、高校時代の恩師になります。美術の先生であり美術部の顧問でした。私はテニス部でしたが、進学のためテニス終わりに美術室に行きデッサンを教えてもらいました。
    大学時代も気にかけてくださり、最初の就職先である東京のデザイン事務所も紹介してくれました。私がデザイナーになるために大きな力添えをしてくれた方です。その頃から「ギャラリーを持つことが出来たら、最初の展示は青木先生の作品で」と考えていました。こういったことで少しでも恩返しが出来ればと思っています。

     

    ー展示・販売ともに今後どういった展開をしていく予定ですか。

    展覧会については、不定期での開催となると思いますが、北海道や札幌ではあまり知られていない作家さんを紹介していきたいです。私がグラフィックデザイナーと言うこともありますが、絵画や写真など平面の表現をされている方を中心に考えています。
    手仕事のショップは、作り手さんのもとへ足を運び、アイデアを交換しながら制作した商品を扱うことが出来たら面白いと思います。
    本業であるグラフィックデザインの仕事もあるため、ゆっくりになりますが納得出来ることを自分のペースで続けていけたらと思います。

    ー空間や什器などこだわりなどありましたらお教えください。

    什器は全て自分でデザインをして、専門の職人さんたちに造作していただきました。木材は地震での倒木や古材などの道産材を使い、ストーリーのある什器を制作しました。木こりのOut woods、木工のThreekさんにはとてもお世話になりました。
    鉄の加工をしてくれた ScBさんは制作のアドバイスなどたくさん協力していただきました。レジカウンターは側面が洗い出し仕上げで、左官職人さんが連日来て制作してくれたものです。

    ー今後どんな空間にしていきたいですか。また、どんな方たちに来ていただきたいですか。

    心地よい刺激を感じることが出来る空間にしたいです。
    大げさに言うと世界って美しいなぁとか、人生って素晴らしいなぁと少しでも感じられる場所に。手仕事やアートに興味のある方はもちろん、それは難しいものだと遠ざけている方にも来て欲しいです。

    ----

    十年二十年
    札幌市中央区南3条東1丁目メゾンRN4階
    instagram:@junen_nijunen

     

    インタビュー:カジタシノブ
    会場写真提供:寺島博美

     

     

  • 札幌テレビ塔からすぐの場所に「GALLERY CLAC」がオープン

    「GALLERY CLAC」が今週末6月11日(土)オープンします。場所は、大通公園のランドマークである札幌テレビ塔から横断歩道をわたってすぐのビル1F。ここ数年は札幌駅・大通公園近郊のギャラリーの移転・閉廊、そしてコロナの影響で街中の展示を楽しむ機会が減っていたなか、嬉しいニュースでした。着工したばかりの「GALLERY CLAC」で、オーナーの佐々木さんにお話を伺いました。

     

    ー「GALLERY CLAC」をはじめる経緯を教えてください。

    もともとは違う目的で借りていた物件でしたが、単一の色付けをするにはもったいない場所だなという気持ちがありました。 個人的に古物やアートが好きだったのと、仕事上デザイナーさんや作家さんとお仕事をする機会も多かったので、放課後のクラブ活動的な感じでそういう方々と一緒に面白いことができたらという思いからギャラリーを作ろうと思いました。 

     

    ー内装、ロゴ、企画など様々な方が関わっているとお聞きしました。どのような出会いから、依頼するに至りましたか。

    ギャラリーを作ろうと思った時に、この人と一緒にやりたいなと思った人が何人かおりまして、お声がけをさせていただきました。話をしていく中で色々と構想が膨らんでいった感じです。ロゴ周りのデザインは東京のデザイナーの小林一毅さんお願いしました。一毅さんも一緒にお仕事をしてみたいと思っていた1人でして、すごく良いタイミングでご縁をいただき依頼させていただきました。企画はチームみんなで持ち寄って、面白そうなことを形にしていけたらなと思ってます。

     

     

    ーCLACという名前の由来を教えてください。

    クラックという言葉は一般的にネガティブな印象を持つ言葉ですが、芸術の分野で言えば、『面白いアプローチ』や『斬新』というような意味あいで使われたりします。対極の意味を一つの言葉で表す面白さを感じました。木工作品などでいえば割れやひびなどのことをクラックといいます。本来それはネガティブな要素と捉えられますが、それをあえて好む人がいたり、予期していない出来栄えを美しく感じたり、良し悪しは表裏一体だと思っていまして。作る側も受け取る側も良いと思う感性は人それぞれなので、そういう感覚の違いや気づきを楽しめる場にできたらという思いもありこの屋号にしました。 

     

    ー最近は街中のギャラリーが減っています。駅からもテレビ塔からも程近いこの場所にしたのはなにか理由がありますか。

    札幌のランドマークであるテレビ塔の裏という案内のしやすさ。また創成川の遊歩道に面しており、中心部にありながら時間の流れがゆっくり感じられる場所だなと。そういう部分が文化的な活動の場に適していると思いました。またご利用いただく方にとって集客もしやすく認知もされやすい場所なので使い勝手もよいのではと考えています。

     

    ー空間や什器などこだわりなどありましたらお教えください。

    展示物の邪魔をしない空間、什器。 どのような色付けにも対応できる空間がよいなと思い極力シンプルな作りに仕上げました。
     

     

    ーグラフィックデザイナーの展示がこけらおとしですが、今後はどういった展開していく予定ですか。

    6月11日からは新林七也さんの個展。その次にはクラフト作家さんによるグループ展が控えています。 今後は何か特定のジャンルを中心にしようというのではなく、自分たちが良いと思えるものや 面白いと感じることを展開していけたらと思っています。

     

    ー今後、どんなギャラリーにしていきたいですか。

    既成概念に囚われず様々なジャンル・業界の方が情報発信できる場所にしたいです。 ここはいつも何か面白そうなことをやってる場所だなと思っていただけたらうれしいです。
     

    「こちらから色付けせず、フラットな場所にしたい」と語るオーナー。 さまざまな作品や人との出会いが刻み込まれていく「GALLERY CLAC」の今後が楽しみです。

     

    インタビュー・撮影:小島歌織
    会場写真提供:CLAC
    協力:中西洋也

  • PREV
  • NEXT