「琳派×アニメ」展

Rinpa × Anime - From Ogata Korin and Kamisaka Sekka to Astro Boy, Rilakkuma, and Hatsune Miku Ogata Korin, Mt. Fuji and Three Islands, Edo Period, 18th century, Private Collection

北海道立近代美術館

  • ART

「琳派」とは、俵屋宗達から100年ほど後に絵師となった尾形光琳(1658〜1716)の「琳」をとって名付けられた名称です。「琳派」という言葉は、日本文化や日本美術のなかで有名な言葉であり世界にもその素晴らしさが認識されています。しかし、「琳派」は、ごく近年になって使われはじめた言葉です。それは、大正時代に美術史関係の人が創り出した言葉ではありますが、現在では日本を始め世界中が「琳派」と言えば宗達や光琳らの素晴らしい作品の数々を思い浮かべます。

しかし派が付いているからといって師弟関係で結ばれているものではなく、直接に教えを受けていないにもかかわらず、その人を慕い、その考えや行いを模範として学ぶという「私淑」によって再出されています。

一方、日本のマンガ、アニメは、日本のみならず世界の多くの人々に認められています。これらマンガ、アニメも現代の日本文化の大きな財産となっています。さらにマンガ、アニメの世界にも先人に「私淑」して生まれた作品もあることは周知のことと思います。

本展は、一見関係の無いジャンルである「琳派」と「マンガ、アニメ」を取り扱う展覧会ですが、この偉大な2つの日本文化には共通するものが見て取れると思います。それは、「私淑」「魅了」と言う語あるいはカリスマ性でしょうか。「琳派」も「マンガ、アニメ」も世界の人々の心を引きつけてとりこにする力があります。また、米国で発見され日本美術史を塗りかえる世紀の大発見、尾形光琳の《富士三壺図屏風》はじめ、宗達、光琳、酒井抱一、神坂雪佳など江戸時代初期から明治・大正時代にかけて制作された作品から「琳派」の素晴らしさを体感していただき、後半は、琳派に私淑した作家が琳派作品を写し、その中にマンガ、アニメのキャラクターを登場させるという新しい試みの上に制作された作品で2つの日本文化の素晴らしさや面白さを感得していただく展覧会です。

----
主催
STV札幌テレビ放送株式会社

後援
札幌市、札幌市教育委員会

特別協力
公益財団法人細見美術財団 細見美術館

協力
ヤマト運輸、STVラジオ

企画・監修
細見良行(細見美術館館長)、松原龍一(元京都国立近代美術館副館長)

INFORMATION

日程

2024年04月20日(土)〜2024年06月02日(日)

時間

9:30 - 17:00 ※入場は16:30まで

休館日

月曜日(4月29日、5月6日を除く)、4月30日(火)、5月7日(火)

入場料

一般:1,700円、高大生:1,000円、中学生:700円

アクセス

北海道立近代美術館

札幌市中央区北1条西17丁目

  • ◎地下鉄 東西線 西18丁目駅 出口4 徒歩5分
お問合せ

011-272-8658 STV事業

SCHEDULE

2024/04/20 [Sat]〜2024/06/02 [Sun]

TIME

9:30a.m. - 5:00p.m. *Last admission 4:30 p.m.

CLOSED ON

Monday ande 30 Apr.7 May

FEE

Adults: 1700yen, high school and university students:1000yen, Junior High School Students: 700yen

ACCESS

Hokkaido Museum of Modern Art

N1-W17,Chuo-ku,Sapporo

  • Tozai Subway Line Nishi 18 jyuhacchome Station Exit4 5minute(s)walk
CONTACT

011-272-8658

一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

近隣施設での開催中のイベントはありません