クリエイティブスタジオ シネマシリーズ-7 映画へと導く映画

Creative Studio Cinema Series 7 Films That Lead You to More Films

札幌文化芸術劇場 クリエイティブスタジオ

  • MOVIE
  • TALK

札幌文化芸術劇場 hitaruが今最も注目される映画監督をお迎えし、監督が選ぶ傑作2作品の上映と、特別講演をお送りするシネマシリーズ「映画へと導く映画」。

今回のゲストは、札幌市出身で、2022年『ケイコ 目を澄ませて』が全国的に大きな話題を呼んだ三宅唱監督です。シリーズ7回目となる本イベントでは、三宅監督が選ぶ『キートンの探偵学入門 Sherlock Jr.』『モガンボ』の上映と、特別講演では上映作品を通してご自身が考える映画の魅力ついてお話しいただきます。

卓越した映画へのまなざしで映画批評の寄稿も多い三宅監督が、2つのアメリカ活劇についてどのようにお話されるでしょうか。
このシネマシリーズをきっかけに、次の映画へと出会う旅へ、どうぞお出かけください。

▼プログラム
13:00 開場
13:30 上映-1『キートンの探偵学入門 Sherlock Jr.』(50分)
14:20 上映終了

完全入替制

14:40 開場
14:55 上映-2『モガンボ』(116分)
16:55 上映終了

完全入替制

17:15 開場
17:30 三宅唱監督による特別講演
18:45 講演終了

▼作品紹介
・上映-1 『キートンの探偵学入門 Sherlock Jr.』(サイレント版)

監督:バスター・キートン
1924年/アメリカ/45分/サイレント
提供:シネマヴェーラ渋谷
映写技師のキートンは恋人の前で失態を演じて意気消沈。つい上映中に居眠りしてしまい…。キートンの分身が映画の世界に入り込み、名探偵シャーロックJr.となって大活躍!
チャールズ・チャップリン、ハロルド・ロイドと並び「世界の三大喜劇王」と呼ばれたバスター・キートンによる傑作喜劇映画のサイレント版。

・上映-2 『モガンボ』
監督:ジョン・フォード
1953年/アメリカ/116分/英語音声・日本語字幕
提供:シネマヴェーラ渋谷
動物園の依頼で猛獣を手に入れる仕事をしているヴィクター・マースウェル(クラーク・ゲーブル)は、ある日訪れた美しい女性エロイズ・ケリイ(エヴァ・ガードナー)と惹かれ合う。しかしイギリスの生物学者夫妻がやってきたことで、互いの関係は複雑なものになっていき…。アフリカのサバナでもエレガントな洋服を着た女性たちと美しい猛獣たちが主役の冒険メロドラマ。

▼プロフィール
三宅 唱 (みやけ しょう)
1984年札幌市生まれ(東区育ち)。一橋大学社会学部卒業、映画美学校フィクションコース初等科修了。監督作『ケイコ 目を澄ませて』(22)が第72回ベルリン国際映画祭エンカウンターズ部門に正式出品され、また第77回毎日映画コンクールで日本映画大賞・監督賞他5部門、キネマ旬報ベスト・テン日本映画作品賞他4部門、高崎映画祭最優秀作品賞他を受賞した。その他の監督作にロカルノ国際映画祭国際コンペティション部門出品作『Playback』(12)、音楽ドキュメンタリー『THE COCKPIT』(15)、佐藤泰志原作小説の映画化『きみの鳥はうたえる』(18)など。最新作は松村北斗・上白石萌音主演作『夜明けのすべて』(2024年2月9日より全国劇場公開予定)。

【三宅唱監督からのメッセージ】
「あー面白かった!」の2本。かつて、古典や監督に対する先入観をまんまと覆された作品。どちらもユーモアと驚きとサスペンスとロマンスに満ちていて、何度みても目が離せず、つい吹き出し、ついうっとりしてしまう。明快なショットばかりで、ときには陰にして想像力を誘惑するような品の良さもあり、とことん上手い。上手すぎる。しかし困ったことに、いや最高なことに、お話はばかばかしいというか、出てくる人間は猥雑で愚かで無様で、まあくだらないのだ。となると映画を見る面白さや歓びはどこからやってきたのか? テーマや物語ではなさそう、などと言葉にし始めると野暮にもなりそうで当日話すのが怖い2本ですが、とにかく皆さんと一緒にバスター・キートンとエヴァ・ガードナーを無我夢中で追いかけたいと思い、選びました。

INFORMATION

このイベントは終了しています

日程

2024年01月27日(土)

時間

13:00 - 18:45

入場料

無料 前売券 一般/2,500円(税込)
当日券 一般/3,000円(税込)

アクセス

札幌文化芸術劇場 クリエイティブスタジオ

札幌市中央区北1条西1丁目(市民交流プラザ内)3階

  • ◎地下鉄 南北・東西・東豊 線 大通駅 徒歩5分

This event has ended.

SCHEDULE

2024/01/27 [Sat]

TIME

1:00p.m. - 6:45p.m.

FEE

Free Advance ticket 2500yen
Door 3000yen

ACCESS

CREATIVESTUDIO

N1-W1,Chuo-ku,sapporo

  • Nanboku Subway Line, Tozai Subway Line and Toho Subway Line Odori Station 5minute(s)walk
一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

    • ART

    間野桂子 日本画展-山野草と花木の小径にて-

    ギャラリーエッセ

    開催中 残り27日

    NEW
    • ART

    Keiko Mano Japanese Painting Exhibition " On the path of wildflowers and flowering trees "

    GALLERY ESSE

    Opend Ends in 27 days