揺さぶる絵ー変貌する日本画のイメージ

Changing Image of Nihonga(Japanese-style paintings)

北海道立近代美術館

  • ART

戦後、日本画滅亡論さえ唱えられ、社会や価値観の大きな変革の波にさらされながら、日本画家たちはリアルで強靭さをそなえた絵画表現を求めて、赤裸々な生のあり様や深遠な自然を凝視したり、現代美術に刺激を受けつつ伝統的な素材や技法を見直したりしてきました。とりわけ独自で革新的なアプローチで生み出された作品は、旧来の叙情性ゆたかで繊細優美なイメージの日本画とは一線を画する表現で、観るものの心を強く揺さぶるばかりか、日本画の枠組みそのものさえ揺さぶるインパクトをもっています。
本展は、そうした表現の数々を、戦後、個性的な画境を切りひらいた岩橋英遠(1903-1999)や片岡球子(1905-2008)をはじめとする北海道立美術館・芸術館のコレクションと豊橋市美術博物館のコレクションを主に、東京国立近代美術館が所蔵する本展の中心作家・中村正義(1924-1977)の代表作《源平海戦絵巻 第三図(玉楼炎上)》(掲載図版)を加えてご紹介するものです。

1979年に愛知県に開館した豊橋市美術博物館は、反骨の画家・中村正義をはじめ、三上誠(1919-1972)や星野眞吾(1923-1997)、下村良之助(1923–1998)、不動茂弥(1928–)などの日本画革新の動向に棹さす優れた画家の作品をはじめ、既成概念にとらわれない“明日の日本画”を公募する「トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞」(1999–)の受賞作を数多く所蔵しています。本展では、1960年代から今日までつづく日本画をめぐる創造の歩みーその変化の過程から優れて鮮烈な一端を、迫力あふれる大作の数々によりご紹介します。

また、同時開催として展示室の2階では、当館のガラスコレクションからエミール・ガレなどのアール・ヌーヴォーの名作や北海道虻田郡倶知安町の小川原脩記念美術館のコレクションを紹介します。併せてお楽しみください。

INFORMATION

このイベントは終了しています

日程

2023年09月16日(土)〜2023年11月12日(日)

時間

9:30 - 17:00 ※入場は16:30まで

休館日

月曜(9/18,10/9,11/6をのぞく),9/19(火),10/10(火)

入場料

一般:800(600)円、高大生500(300)円、小中学生300(200)円 
( )内は10名以上の団体料金
※道立美術館で開催された特別展の半券を提示いただくとリピーター割引で( )内の料金でご覧いただけます。

アクセス

北海道立近代美術館

札幌市中央区北1条西17丁目

  • ◎地下鉄 東西線 西18丁目駅 出口4 徒歩5分
お問合せ

011-644-6882

This event has ended.

SCHEDULE

2023/09/16 [Sat]〜2023/11/12 [Sun]

TIME

9:30a.m. - 5:00p.m.  *Last admission 4:30 p.m.

CLOSED ON

Monday (Except 18 Sept. /9 Oct./6 Nov.) ,19 Sept. , 10 Oct.

FEE

Adults: 800(600) yen / Senior high school and university students: 500(300) yen / Junior high and elementary school students: 300(200) yen /
Preschoolers: free
* Elementary school students and younger must be accompanied by an adult.

ACCESS

Hokkaido Museum of Modern Art

N1-W17,Chuo-ku,Sapporo

  • Tozai Subway Line Nishi 18 jyuhacchome Station Exit4 5minute(s)walk
CONTACT

011-644-6882

一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

    • ART

    三谷靱彦の手しごと展

    カフェエスキス

    開催中 残り4日

    NEW
    • ART

    YUKIHIKO MITANI EXHIBITION

    Cafe Esquisse

    Opend Ends in 4 days