野田弘志 真理のリアリズム

Noda Hiroshi: Absolute Realism

札幌芸術の森美術館

  • ART

野田弘志(1936-)は、日本のリアリズム絵画を代表する画家の一人です。東京藝術大学を卒業後、イラストレーターとして多忙な日々を送る中で、絵画制作への想いが高まり、30代半ばより画業に専念するようになりました。広島市立大学芸術学部で後進の指導にあたったのち、傘寿を超えてなお、リアリズムの画壇をけん引し続けています。
本展は、画家・野田弘志の最初期から近作まで、その画業の全容を回顧するものです。自身のスタイルを模索していた学生時代の作品、広告会社時代のイラストやデザイン。画壇デビューを果たした頃の細密な静物画群(「黒の時代/金の時代」)から、その名が全国的に知られる契機となった新聞連載小説『湿原』(加賀乙彦著)の挿絵原画。骨、あるいは生ける人間を描き、死生観を示そうとしたシリーズ「TOKIJIKU(非時)」「THE」、そして近年手掛けている等身大肖像のシリーズ「聖なるもの」「崇高なるもの」まで。人物・静物・風景、いずれのモチーフを前にしても、一貫してひたすらに見つめ、描くことで「在る」ということを突き詰めようと野田弘志が一貫して追求してきたリアリズムの道をたどります。

▼プロフィール
野田 弘志 Noda Hiroshi
1936年韓国全羅南道生まれ。少年時代を広島県福山市、愛知県豊橋市などで過ごす。東京藝術大学油画科(小磯良平教室)を卒業後、イラストやデザインの仕事を手掛ける。1970年に初の個展(銀座・三越)を開催したことをきっかけに、画家へ転向する。主な受賞歴に、白日会第58回展内閣総理大臣賞(1982年)、第14回安田火災東郷青児美術館大賞(1991年)など。主な展覧会に1988年の「明晰なる神秘 野田弘志展」(会場:有楽町アート・フォーラム、愛知・豊橋市美術博物館、広島・ふくやま美術館など)、1990年の「HIROSHI NODA」(会場:ベルギー[ゲント]・ヴェラヌマン美術館)、2007年の「野田弘志展 写実の彼方に」(会場:日本橋・高島屋、大阪・高島屋、北海道立近代美術館、豊橋市美術博物館、ひろしま美術館)など。札幌芸術の森美術館では、「存在の美学 第3回伊達市噴火湾文化研究所同人展」(2014年)に出品。

INFORMATION

日程

2022年11月19日(土)〜2023年01月15日(日)

時間

9:45 - 17:00 ※入館は16:30まで

休館日

月曜日(ただし1月9日は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)、1月10日(火)

入場料

無料 一般:700(600)円、大学・高校生:500(400)円、小学・中学生:300(200)円
※札幌市文化芸術促進事業により、展覧会の観覧料が通常価格の半額となります。
※(  )内は前売、または20名以上の団体料金
※65歳以上の方は当日料金が600(団体500)円となります。年齢のわかるものをご提示ください。
※小学生未満は無料
※障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくとご本人と付き添いの方1名が無料になります。

アクセス

札幌芸術の森美術館

札幌市南区芸術の森2丁目75

  • ◎地下鉄 南北線 真駒内駅 乗り換え
  • ◎バス 真駒内駅のりば 2番発 芸術の森入口 徒歩14分
お問合せ

札幌芸術の森美術館(011-591-0090)

SCHEDULE

2022/11/19 [Sat]〜2023/01/15 [Sun]

TIME

9:45 a.m. - 5:00 p.m.  *Last admission 4:30 p.m.

CLOSED ON

Monday(9 Jan open) / 19 Dec.-3 Jan./10 Jan.

FEE

Free Adults: 700yen /high school and university students: 500yen /Junior High School and Elementary School Students 300yen

ACCESS

Sapporo Art Museum

2-75,GEIJYUTSU-NO-MORI,Minami-ku,Sapporo

  • Nanboku Subway Line Makomanai Station
  • Bus From Makomanai bus terminal , take a bus from platform 2 14minute(s)walk
CONTACT

011-591-0090

一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

近隣施設での開催中のイベントはありません