光の子どもーー言葉で描く。詩で綴る。

photic children -

ギャラリー門馬

  • ART

緑が美しい初夏のギャラリー門馬で、詩人の文月悠光と画家の久野志乃による二人展、『光の子どもーー言葉で描く。絵で綴る。』を開催いたします。

詩と絵画の往復書簡を試み、詩から浮かび上がる情景、その情景から導かれ紡がれる言葉を交換しながら、制作を進めてきました。二人のやり取りの中から生まれた共作も展示いたします。 詩の印刷は、日章堂印房の活版職人・酒井博史さんにご協力いただき、手仕事の味わいを肌で感じられる作品に仕上げていただきました。

会期中には、アーティストトークと詩の朗読会も予定しております。
ぜひ、この機会に、ご高覧ください。

▼プロフィール
文月悠光 Yumi Fuzuki
http://fuzukiyumi.com/
詩人。1991年北海道札幌市生まれ。16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年のときに発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(ちくま文庫)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。その他の詩集に『屋根よりも深々と』(思潮社)、『わたしたちの猫』(ナナロク社)。エッセイ集に『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、『臆病な詩人、街へ出る。』(新潮文庫)がある。 札幌文化芸術交流センターSCARTS、ログロード代官山での詩の展示、小川珈琲「コーヒーの詩」(朗読:夏木マリ)、「ミヨシ石鹼」の詩の連載・朗読(雑誌「婦人之友」広告欄に掲載)など幅広く活動中。2021年、作曲家・坂東祐大と初のサウンドインスタレーション作品「声の現場」を発表(TOKAS本郷での展示、京都芸術センターでの公演)。現在、第4詩集『パラレルワールドのようなもの(仮)』を刊行準備中。 http://fuzukiyumi.com/

久野志乃 Shino Hisano
http://shinohisano.com/
1978年 北海道様似町生まれ。北海道教育大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修(西洋画)修了。札幌在住。他者の個人的な記憶に基づく世界像を再構築し、新しい物語やありえたかもしれない風景を油彩画で表現する。札幌を中心に東京、台湾などで個展、グループ展を開催。 2021年 『道銀文化財団創立30周年記念 道銀芸術文化奨励賞受賞作家展』北海道立近代美術館/札幌、2021年 『バイオの大きさ/未来の物語 成果展』 札幌文化芸術交流センター SCARTS/札幌、2020年 個展『森の配置、光の距離で』ギャラリー門馬/札幌、2019年 『night bird』GalleryCamellia/東京 等

▼アーティストトーク+詩の朗読
7月9日[土] 14:00 – 15:30
定員:20名(メールにて要予約)
*2日以上返信メールがない場合は、お手数ですがお電話でお問い合わせください。
*感染状況等により開催中止の際は、ギャラリーHPでお知らせいたします。

▼協力
日章堂印房、ヒシガタ文庫

▼DM制作:中嶋幸治

INFORMATION

日程

2022年07月07日(木)〜2022年07月18日(月)

時間

11:00 -18:00

休館日

火曜日・水曜日

入場料

無料 

アクセス

ギャラリー門馬

札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38

  • ◎バス 旭ヶ丘高校前 徒歩3分
  • ◎地下鉄 東西線 円山公園駅
お問合せ

企画・問い合わせ・申し込み info@withart-mh.com( withart本間)

SCHEDULE

2022/07/07 [Thu]〜2022/07/18 [Mon]

TIME

11:00 a.m. - 6:00 p.m.

CLOSED ON

Tue./Wed.

FEE

Free

ACCESS

Gallery MONMA

2-3-38 Asahigaoka, Chuo-ku, Sapporo

  • Bus Asahigaoka High School mae 3minute(s)walk
  • Tozai Subway Line MaruyamakoenStation
CONTACT

info@withart-mh.com

一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

    • ART

    山本雄基個展

    ギャラリー門馬

    開催中 残り9日

    NEW
    • ART

    Yuki Yamamoto Solo Exhibition

    Gallery MONMA

    Opend Ends in 9 days