糸田ともよ展『雪の日』

Tomoyo Itoda Exhibition "SNOW DAY"

カフェエスキス

  • ART
  • PHOTO
  • OTHER

天上より
薄氷の鈴が響き

白い頁から
白い頁へ

余光のような
祈りをあるく

------

風景や現象が詩情をまとってあらわれるとき、
縁あるものの遥かな思いに触れる気がして立ち止まります。
そんな雪の日の写真と、
詩の言葉をちりばめた展覧会です。


▼展覧会によせて

詩や短歌を書くことと並行して、10年ほど前から写真を撮りはじめました。
札幌とその近郊の森や川原を歩き、季節のうつろいを感じながらシャッターを切っています。真冬、降りしきる雪の織りなす世界への憧憬はとりわけつよく、しばし寒さを忘れます。
そんな雪の日の写真と、詩の言葉をちりばめた展覧会をさせていただくことになりました。北海道の冬の表情が、詩の言葉によって喚起されるそれぞれの思いと重なり、あらたな印象を残すかもしれません。会場の写真と窓外の雪との調和も楽しまれつつ、穏やかな冬のひとときを過ごしていただけたらうれしいです。


▼プロフィール
糸田ともよ(Tomoyo Itoda)


1960年札幌市生まれ 詩人・歌人
歌誌『月光』、『弓弦』、『詩歌探究社〈蓮〉』を経て現在機関誌『舟』誌友。
出版詩集に『雪意』(響文社)、歌集に『水の列車』(洋々社)、『しろいゆりいす』(コールサック社)。
『水の列車』は第17回北海道新聞短歌賞佳作賞受賞歌集。
及川恒平のCDアルバム『地下書店』に詩の言葉を提供。小室等らとのユニット(現「六文銭」)のアルバムにも一部収録されるなど作詞にも携わる。
佐藤孝の偏光顕微鏡写真と詩のコラボレーション『ミクログラフィア―結晶宇宙を巡る―』、瀬川葉子の絵と詩歌のコラボレーション『透明書簡』『水源の森』など、美術の作者、作品とのかかわりも深い。
豆本写真詩集Petit livre(私家版)を現在3号まで発行。
ブログ[夜光席]に詩、短歌、写真などをときおり載せている。


略歴
1960年 北海道札幌市に生まれる
1980年 中央美術学園卒
1985年 永井浩の現代詩講座 合同詩集『水曜の詩集』に参加
1993年 福島泰樹主宰〈月光の会〉に入会 歌誌『月光』に参加 菱川善夫の現代短歌講座を通じ、田中綾らと現代短歌同人誌『弓弦』創刊
2002年 歌集『水の列車』(洋々社)出版
同歌集で北海道新聞短歌賞佳作賞受賞
2005年 及川恒平の曲に詩の言葉を提供
2006年 及川恒平ホームページにて『葉脈手帳』発表(写真/香妃・詩/糸田ともよ)
2007年 「まるで六文銭のように」CD『はじまりはじまる』に歌詞提供曲(1曲)を収録
2008年 及川恒平ホームページにて『虚空架橋』発表(写真/及川恒平・詩/糸田ともよ)
2009年 「六文銭’09」CD『おとのば』に歌詞提供曲(2曲)収録 詩、短歌、写真、絵などを紹介する自身のブログ『夜光席』を開設
2010年 及川恒平CD『地下書店』に詩提供曲(作詞協力含め全曲)を収録
2011年 詩集『雪意』(響文社)出版
2014年 blog「夜光席」にてミクログラフィア『結晶宇宙を巡る』連載開始(偏光顕微鏡による結晶写真/佐藤孝・詩/糸田ともよ)
石川幸雄・森水晶共同代表 現代短歌同人誌『詩歌探究社 蓮』に参加
2016年 静岡県静岡市に転居2017年 詩歌探究社蓮 別冊HASU act.4「詩想の扉をひらく5人の芸術家」(美術作品と詩歌のコラボレーション作品集)発行
2018年 写真詩集 豆本『葉脈手帳』(私家版)発行(写真/KAHI・詩/糸田ともよ) 歌集『しろいゆりいす』(コールサック社)出版
静岡県浜松市に転居 写真詩集 豆本2号『森の日』(私家版)発行
依田仁美 代表編集 現代短歌〈舟の会〉機関誌『舟』に参加(継続中)
2019年 blog「夜光席」にて『透明書簡』連載開始(絵/瀬川葉子・詩歌/糸田ともよ)
2020年 写真詩集 豆本3号『雪の日』(私家版)発行
ギャラリー犬養にて絵と詩のコラボレーション展『透明書簡』開催(絵/瀬川葉子・詩歌/糸田ともよ)
北海道札幌市に転居
2021年 アンソロジー『地球の生物多様性詩歌集』(コールサック社)に参加
万里小路譲との共著 写真詩集『風の彼方へ』(工房ヴィレ)発行 

INFORMATION

このイベントは終了しています

日程

2022年02月21日(月)〜2022年03月15日(火)

時間

[月~土] 12:30~22:00 [日祝] 12:30~21:00

休館日

水曜日 / 2月15日

入場料

無料 

アクセス

カフェエスキス

札幌市中央区北1条西23丁目1−1 メゾンド・ブーケ円山 1F

  • ◎地下鉄 東西線 円山公園駅 出口5 徒歩7分
お問合せ

info@cafe-esquisse.net

This event has ended.

SCHEDULE

2022/02/21 [Mon]〜2022/03/15 [Tue]

TIME

0:30 p.m. - 10:00 p.m. / Sun.&National holiday 0:30 p.m. - 9:00 p.m.

CLOSED ON

Wed. , 15 Feb.

FEE

Free

ACCESS

Cafe Esquisse

Maison de bouquet Maruyama 1F , 1-1, N1-W23, Chuo-ku, Sapporo

  • Tozai Subway Line MaruyamakoenStation Exit5 7minute(s)walk
CONTACT

info@cafe-esquisse.net

一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

    • ART

    小田啓介 絵画展「 on the table 」

    カフェエスキス

    開催中 残り26日

    NEW
    • ART

    ODA KEISUKE OIL PAINTING EXHIBITION

    Cafe Esquisse

    Opend Ends in 26 days

    • ART

    下沢敏也展 Re-birth 2022 [沈黙の栖]

    ギャラリー レタラ

    開催中 残り3日

    NEW
    • ART

    Shimozawa Toshiya Exhibition "Re-birth2022"

    Gallery Retara

    Opend Ends in 3 days