BENIZAURAPARK ART ANNUAL 2021 交わる水 − 邂逅する北海道/沖縄

BENIZAURAPARK ART ANNUAL 2021 "Crossing Water: Encounter of Hokkaido and Okinawa"

紅櫻公園

  • ART

「交わる水―邂逅する北海道/沖縄」は、2016年に開かれた『あいちトリエンナーレ』の小企画として立ち上がりました。
日本列島の北の端と南の端に位置するふたつの土地は、隣国と身近に接する場所として時代の変化や異文化との接触を直接的に体験してきました。
周縁地域として、異なるものとの交流を積み重ね、変容し、あらたな層を生み出し、幾重にもひろがりを続けています。

 本展では、岡部昌生が沖縄の伊江島で制作したフロッタージュ作品《被弾痕のある公益質屋遺構》を、ミヤギフトシが北海道を舞台とした《いなくなってしまった人たちのこと》の続編となる新作《音と変身》をご紹介します。また、北海道出身の進藤冬華、ヒデミニシダ、沖縄出身の伊波リンダ、ロドリゲス・アヤ・イズミ、双方の土地を行き来するkugenuma(キオ・グリフィス、港千尋)を迎え、「交わる水―邂逅する北海道/沖縄」2021年versionとし、北海道にて作品を介しての対話からさらなる展開を期待します。

▼BENIZAURAPARK ART ANNUAL
2018 年より札幌市南区に位置する「紅櫻公園」にて、自然豊かな環境を活かした野外展を中心とした現代アートプロジェクトを始動。道内はもとより国内外の先進的、実験的な作品を制作するアーティストを招聘し滞在型制作も可能とする創造性を育み発信させる場をめざします。

▼アーティスト
岡部昌生、伊波リンダ、進藤冬華、ヒデミニシダ、ミヤギフトシkugenuma、AYA RODRIGUEZ-IZUMI
※伊波リンダの展示会場はCAI03となります。


主催|特定非営利活動法人CAN
共催|株式会社 紅櫻公園、北海道自由ウヰスキー株式会社、北海道自由ワイン株式会社
協賛|札幌市サポート基金
助成|公益財団法人アサヒクグループ芸術文化財団、公益財団法人小笠原敏晶記念財団
後援|札幌市、北海道新聞社
協力|札幌国際芸術祭実行委員会

▼企画
CAI現代芸術研究所/CAI03
総合プロデューサー 寺田英司 /特定非営利活動法人CAN、株式会社紅櫻公園代表
ディレクター 端 聡/ CAI現代芸術研究所/CAI03
キュレーター 佐野由美子/ CAI現代芸術研究所/CAI03、町田 恵美
アドバイザー 港 千尋 /写真家、多摩美術大学情報デザイン学科教授
テクニカルサポート Studio Sira Kamba 神守優二、武田浩志、後藤瑞貴

INFORMATION

日程

2021年10月01日(金)〜2021年10月31日(日)

時間

10:00 - 17:00

入場料

500円(小学生以下無料)

アクセス

紅櫻公園

CAI03でも同時開催


札幌市南区澄川389-6

お問合せ

090-9514-6693

SCHEDULE

2021/10/01 [Fri]〜2021/10/31 [Sun]

TIME

10:00 a.m.- 5:00 p.m.

FEE

500yen
Elementary School Students and under / Free

ACCESS

BENIZAKURA PARK

& CAI03


389-6, Sumikawa, Minamiku, Sapporoshi

CONTACT

090-9514-6693

一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

近隣施設での開催中のイベントはありません