山本雄基・浦川大志展 - Flatten Image

Yuki Yamamoto & Taishi Urakawa Exhibition "Flatten Image"

ギャラリー門馬&ANNEX

  • ART

山本雄基は札幌を拠点とし、重層的な透明層の中に様々な円を交錯させた作品を制作している。層の厚みによる空間と錯視的な空間の混合、色彩の円とくり抜かれた円の交わりなどの要素から、位置と関係について、絵画を通して思考している。また平滑な表面と奥行きは、デスクトップの発光する画面の中で何層にも積層していく情報と画像のレイヤー構造を、現実化させたようにも思わせる。
浦川大志は福岡を中心に活動しており、SNSやネットから流れてくるイメージ、ゲーム的なものを組み合わせ、タッチパネルの操作を想起させるように絵画として描きおこし、現実と仮想が入り混じる風景を創り出す。ネットやデジタルデバイス等の影響のもとで変容する現代ならではの知覚のあり方を反映した作品は、絵画に新たなイメージを与えている。

二人の絵画は、共に物事のあいだの領域や、曖昧なグラデーションを重要な要素としている。
画面のイメージとそれに結びつく実在が、入れ子のように往来する様を、見てみたい。

ギャラリー門馬 大井恵子


◎山本雄基(やまもと ゆうき)
1981年北海道帯広市生まれ。
2007年北海道教育大学大学院修了。
2012年 ~13年札幌市の助成を受けベルリン滞在。
現在札幌市在住。
第30回ホルベインスカラシップ奨学生(2015年)、第5回大黒屋現代アート公募展 大賞受賞(板室温泉大黒屋/2010年) 他多数受賞。
主な展覧会に「タイトル無し、あるいは仮説として等価と差異についての絵画」(Mikiko Sato Gallery/ 2018年)、作品展(板室温泉大黒屋/2018年)、Sighting(ギャラリー門馬/2017年)、VOCA展2014(上野の森美術館/2014年)、道東アートファイル2013(帯広美術館/2013年)など。
2017年より naebono art studio 共同運営。
www.yamamotoyuki.com

◎浦川大志(うらかわ たいし)
1994 福岡生まれ
2013 九州産業大学芸術学部洋画専攻
■主な個展
2017 「一人卒業制作展 2.0」 村岡屋ギャラリー
2016 「個展」ギャラリーおいし(福岡)
2015 「現れては消えるもの」Gallery 門馬 ANNEX(札幌)
2013 「一人卒業制作展」IAF SHOP*(福岡)
■主なグループ展
2019 浦川大志・名もなき実昌二人展「終わるまで終わらないよ」熊本現代美術館(熊本)
2018 「新しい平面の作家その一部コア ――梅沢和木、浦川大志、百頭たけし ジ 五反田アトリエ(東京) ゲンロン カオス*ラウン
2017 「ISETAN ニューアーティスト・ディスプレイ」伊勢丹新宿店本館(東京)
「感性の生まれいづるところ」九州芸文館(福岡)
2015 「黄金町バザール 2015」(横浜)
■パブリックコレクション
福岡市美術館、大原美術館

アーティストトーク:8月17日(土)17:00〜
オープニングパーティー:8月17(土)19:00〜

INFORMATION

このイベントは終了しています

日程

2019年08月17日(土)〜2019年09月01日(日)

時間

11:00-19:00

入場料

無料 

アクセス

ギャラリー門馬&ANNEX

札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38

  • ◎バス 旭ヶ丘高校前 徒歩3分
  • ◎地下鉄 東西線 円山公園駅

This event has ended.

SCHEDULE

2019/08/17 [Sat]〜2019/09/01 [Sun]

TIME

11:00-19:00

FEE

Free

ACCESS

Gallery MONMA &ANNEX

2-3-38 Asahigaoka, Chuo-ku, Sapporo

  • Bus Asahigaoka High School mae 3minute(s)walk
  • Tozai Subway Line MaruyamakoenStation
一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

近隣施設での開催中のイベントはありません