札幌美術展 五十嵐威暢の世界

The World of TAKENOBU IGARASHI

札幌芸術の森美術館

  • ART

日本を代表するデザイナーの一人である五十嵐威暢(いがらしたけのぶ)。グラフィックデザイナーとして活動していた1970年代半ば、建築設計用製図台を用いて二次元の文字を三次元におこした立体文字による作品で世界的に注目されます。また、サントリーや明治乳業、カルピス、サミットストアなどのロゴを手がけ、多くのロングライフデザインを生み出してきました。

1994年、五十嵐はデザイナーから彫刻家に転身します。「デザイナー時代に置き忘れてきた半分を埋める仕事」と語る彫刻家・五十嵐による作品は、『偶然性と即興性』を大切にしながら制作されています。肥沃な大地を思わせるテラコッタのレリーフ、木の葉や花のかたちに合板を切り抜いた「こもれび」など、五十嵐による彫刻作品は、どこか自然の気配を残しながら、子どもの遊びのようにひたむきに素材と向き合い、創り出されています。

本展では、デザイナーとしての原点である1973年の個展から彫刻家としての現在までの仕事の変貌を示すポスター、プロダクト、彫刻、約150点が一堂に会します。

「アートは日常の暮らしと風景によりそうことによって、人々の心をさらに豊かなものにする」と考え制作を続けてきた五十嵐威暢による、デザインとアートが融合する無二の世界をお楽しみください。

▼五十嵐威暢 IGARASHI,Takenobu
北海道滝川市生まれ。多摩美術大学卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。グラフィックデザイナーとして活動していた1970年代半ば、アクソノメトリック(透視)図法によるアルファベット作品を発表し、世界的に注目される。千葉大学、UCLAで教鞭をとったほか、多摩美術大学美術学部二部学科長及び第9代学長を務め、現在、同大学名誉教授。
代表作はニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ、世界40カ所以上の公立美術館に永久保存されている。外務大臣表彰、勝見勝賞、毎日デザイン賞特別賞、IFデザイン賞、グッドデザイン賞など受賞多数。
現在、北海道新十津川町のアトリエ「かぜのび」を拠点に、主にパブリックアートの制作を続けている。

INFORMATION

日程

2018年10月06日(土)〜2018年11月25日(日)

時間

9:45~17:00(入場は16:30まで)

入場料

一般1000円(800円)、高校・大学生700円(560円)、小・中学生400円(320円)
※( )内は20人以上の団体料金

アクセス

札幌芸術の森美術館

札幌市南区芸術の森2丁目75

  • ◎地下鉄 南北線 真駒内駅 乗り換え
  • ◎バス 真駒内駅のりば 2番発 芸術の森入口 徒歩14分
お問合せ

札幌芸術の森美術館 011-591-0090

SCHEDULE

2018/10/06 [Sat]〜2018/11/25 [Sun]

TIME

9:45 - 17:00 (Last admission 30 minutes before closing)

FEE

Adults 1000yen, University students & High school students 700yen, Elementary School Students & Junior high school students 400yen

ACCESS

Sapporo Art Museum

2-75,GEIJYUTSU-NO-MORI,Minami-ku,Sapporo

  • Nanboku Subway Line Makomanai Station
  • Bus From Makomanai bus terminal , take a bus from platform 2 14minute(s)walk
CONTACT

011-591-0090

一覧へもどる

NEAR BY EVENTS

近隣施設での開催中のイベントはありません