• 移転オープンへ ー 代表の川上大雅さんに聞く、cojicaの今までとこれから

    2010年、札幌の北3東2にあるビルの1階に誕生した「salon cojica」。ほどなく、企画ギャラリーとして、札幌の現代美術作家たちを内外へ向けて紹介し始めます。2013年にいったん移転準備に入った後、2014年12月、北24条に移転オープンを果たします。より発信力を高めるとともに、弁護士・ギャラリーオーナーの二つの顔を持ちながら歩み続ける川上さんに、「salon cojica」への想いとこれからのビジョンを伺いました。

     

    ー まず、川上さんが現代美術に興味を持ったきっかけを教えて下さい。

    大学生の頃、北海道立近代美術館で見た宮島達男さんの作品に衝撃を受けたのが始まりですね。現代美術に興味を持ち始めた当時から、作家をサポートする何かができたらという想いがありました。そのために、CAI現代芸術研究所の夜間アートスクールに通い始めました。本業である弁護士の仕事を始めて一年目のことでした。

     

    ー salon cojicaはどのように立ち上がったのでしょうか?

    CAIに在籍していたころ、2010年だったと思います。スクール生の同期たちと「自分たちの場所があればいいのに」とよく話していました。そのタイミングで、たまたま、カラオケスナックを居抜きで使う人を探しているという話を聞いて、すぐ場所を借りました。ギャラリーにするということも考えず、ひたすら、掃除をしたり、改装みたいなことをしたりしていました。
    結局、自分たちの手ではやりきれなくて、建築士さんにお願いして根本的に改装をしてもらって、「salon cojica」を2010年にオープンすることになりました。
    この改装を手がけてくれた建築士の一色玲児さんには、現salon cojicaの設計もお願いしました。
    特に、ギャラリーにするとは決めていませんでした。結局、半分くらいは自分たちで企画したり貸したりして、だんだんとギャラリーのような形態になってきました。だけど、とっても大変で…。
    1年間運営してみて、気づいたら、同期生たちはみんな離れてしまって、自分ひとりになっていました。

     

     

    ー その、1度目のリニューアルオープンに至った経緯を教えて下さい。

    継続するかどうか迷いました。だけど、ここで展示をしたいという作家も増えていたし、オープン以来この場所を支えてくれた作家たちを、もう少し深く支えられたらと思うようになりました。美術に興味を持ったときの原点に返った感覚です。そのためには、前よりしっかりとしたギャラリーにならなくていけないと思ったんです。
    それから、取扱う作家もだんだんと増えていきましたし、作品の扱い方も少しずつ覚えていきました。

     

    ー そのような思い入れのある場所から離れ、現在の北24条に移転することになった理由は?

    きっかけは、salon cojicaが入っていたビルの老朽化でした。やむを得ず次の場所を探し始めたのです。
    そして、ギャラリーとカフェが一体化しているために「ここはギャラリーなのか、カフェなのか、」という制約が目立つようになってきました。内装を何度も変えたり、壁面を立て直したり、試行錯誤をしましたけど、最終的には解決しきれない制約のようにも思えてきて、場所に対する限界を感じることが多くなっていたように思います。

    そこから約二年間、場所探しを続けていました。その間に、これでもかという程いろんなことが起きましたが、最終的に、「これはもう自分で建てるしかない」と決心しました。
    もともと僕は弁護士でしたから、それも合わせてひとつのスペースを作ろうと考え、「salon cojica」「COJICA COFFEE」「札幌北商標法律事務所」の入る「coneco bld.」として、また新たなスタートを切ることになりました。始めた頃は、今の状態を想像すらしていませんでしたね。(笑)

     

    ー 印象的な名前の「cojica」は、どのように命名したのでしょう?

    スペースの名前をつけるとき、CAIの同期生で居酒屋に集まって話し合っていたら、目の前にあった焼酎のラベルがたまたま「山ねこ」と「小鹿」だったんです(笑)。響きからいって「やまねこ」と「こじか」なら「こじか」かな…?じゃ、「こいぬ」は?「こねこ」は?という具合に上げていった結果、おさまったのが「こじか」でした。「こねこ」は今回、建物名になってますね。そういえば(笑)。

     

     

    ー スタート当初から併設していたカフェについて。現在の「COJICA COFFEE」までの流れはどのようなものでしたか?

    当初は僕自身がネスプレッソでコーヒーを出していたくらいなので(笑)、カフェへそこまでこだわりがあったわけではありません。前にリニューアルしたとき、「カフェがあればギャラリーを開けておける」と考えて、カフェスタッフを募集したんです。最終的にカフェスタッフは3人になりました。
    3人は、だんだんと、カフェのみならずギャラリー運営も含め、cojicaの全部に関わってくれるようになりました。ART OSAKAでも、コーヒーを淹れたりしていました。
    3人は、場所をつくっていく上で欠かせない存在になっていきましたので、さらにカフェ自体もクオリティを上げ、「COJICA COFFEE」として、ともに新たなスタートを切ることに決めました。

     

     

    ー 新生「salon cojica」に込められた想いや今後のスタンスを教えて下さい。

    これからは、本当に来たい人さえ来てくれればそれでいいという気持ちもあります。閉じる必要もないけど、無理して開いていく必要もないのかなと思っています。 それよりも、ギャラリーとして、作家が自分の力を出す機会を、継続的に積み上げていくことが大事になると思っています。
    また、今後は、外から作家を呼ぶことも増えると思います。滞在も前より楽にできるように整えました。じっくりと製作に向き合ってほしいという思いがあります。
    その他のスタンスは、今までと変わらない気がします。作品や空間を、一番最初に見られるということは、ギャラリーをやっていく中でのひとつの特権だと思っています。これからは、やっと、作品に一番近いところで生活していくことができそうです。やりたいことに集中できる環境が整ったのかなと思います。

     

    ー「salon cojica」が抱える作家はどのように選んでいますか?

    こちらからお願いをすることももちろんあります。ですが、選んでいるというよりは、自然に集まってきた作家たちを一生懸命支えているという感覚の方が強いようにも思います。関わる人たちとは、自然と深い付き合いになっていきます。作品のこと、展示のこと以外にもたくさんの話を聞かせてもらっています。取扱っている作家に、cojicaのカラーがあると言われることがあります。自然に集まってきているものが、cojicaのフィルターを通じて出てくると、色彩を帯びていくのかもしれないですね。

     

     

    ー 企画ギャラリーとして、道外のアートフェアやイベントに参加し、作家を積極的に発信していますね。

    作家にとって必要であれば、何でもします。東京や大阪などのアートフェアにも参加してきました。札幌って、展示する場所は案外たくさんあって、どこでも展示ができちゃって、循環する仕組みすらなんとなくできちゃっています。どこのスペースでも、同じ作家の作品が見れるというのは、他の地域と比べても特殊なことかもしれません。案外悪くない環境だと考える作家もいるでしょうし、それはそれでひとつの形ではあるかとは思います。
    札幌は良くも悪くも閉じている部分があるので、札幌の中で全部成立させることもできちゃいます。アーティスト風、ギャラリー風な装いをするのは案外簡単だったりもします。
    だけど、それって、外からは全然見えてないという一面もあったりして。
    だから、そこにとどまらないで、一歩進みたい、次のステージに進みたいと思っている作家に、できる限りのサポートをしていくことが必要かなと思っています。作家だけだとなかなかできないことなので。 そうでないと、いい作家たちが、近くで作品を作ってくれなくなってしまうという危機感もあります。
    とはいえ、最近は、アートフェアすら乱立しちゃってます。 そんな時代に、ギャラリーを続けていくことの意味はいつも考えています。

     

    ー なかなか札幌では見ることのできない道外の現代美術作家の展示も手がけていますが、ご自分で作家にオファーをされるんでしょうか。

    自分で探しにいったり、ご縁をいただいたりということももちろん多いです。道外での発表の機会も増えてきているので、札幌にこういうギャラリーがあると知って見に来て下さる道外の作家もいます。少しずつネットワークというか、つながりが増えてきているかなと思います。


     

    ー ギャラリーの代表の他、弁護士・弁理士としても活躍されていらっしゃいます。

    今までは、事務所とギャラリーとがバラバラだったので、大変でした。行き来だけでも大変でしたし、結果、どちらも中途半端みたいなことになりそうな時期もあったように思います。今は、集約されてやっと落ち着いてきた感じです。仕事でもギャラリーの運営でも、一度出会うと、長いお付き合いになる場合がほとんどです。「最後まで寄り添い続けること」は、大事にしていることの一つです。人と深く関わり、そこから信頼関係が生まれていく。そのわりにメールのやりとりはとっても苦手だし、すぐ音信不通になるタイプなのですけどね(笑)。
    自分からやろうとしたことって実はそんなにないんです。ぼんやりと、こんなことやりたいなー、やらなきゃなーと思っていたら、いつのまにかこんなことになっちゃってた感じ(笑)。

    salon cojicaを始めて4年ほどになります。これから先、いい時も悪い時もあると思います。悪い時にいかにあきらめ悪く続けられるかが大事だと思っています。もう、続ける覚悟は決めちゃっているので、どんな形になっても、ずっと自分は、「salon cojica」をやっているんだと思います。

     

    -----

     

    salon cojica 代表 川上 大雅(かわかみ たいが)
    1980年札幌生まれ 
    札幌北商標法律事務所 弁護士・弁理士 / salon cojica 代表
    企業法務および知的財産を中心に取り扱っている。
    スキーを最近また始めた。

     

    salon cojica
    北海道札幌市北区北23条西8丁目 coneco bld. 1F
    tel.011-700-0700 fax. 011-700-0701
    営業時間 11:00~19:00(その他の時間はアポイントください)
    休廊日  日・月曜日
    http://www.salon-cojica.com/
    取扱い作家 武田浩志、風間雄飛、樫見菜々子、鈴木悠哉、南俊輔ほか

    詳細はこちら

     

    開催中の展示
    「3回目のはじめてに from the first to the third」

    会期:2014年12月13日(土)~2015年1月31日(土)11:00~19:00
    休廊:年末年始・日月
    出展作家:青山裕企、有本ゆみこ、いそのけい、今村遼佑、小野翔平、風間雄飛、樫見菜々子、クスミエリカ、鈴木悠哉、武田浩志、田中佐季、pater、前田ひさえ、南俊輔 ほか

    詳細はこちら

     

     

    -----

    インタビュー:山本曜子
    撮影:門間友佑、小島歌織、山本曜子

     

     

  • ART AleRT SAPPOROができるまで

     

    無数にある、札幌のアート、デザイン、音楽、舞台などの展覧会やイベント情報。
    あなたなら、どう探しますか?

    例えば、ギャラリーやライブハウスやカフェに置いてあるDMを見つけるか、
    個人でコツコツ運営されているブログをチェックするか、
    誰かとの会話から見つけてくるか、
    きっと、様々なやり方で、地道に探している方が多いと思います。

    それも、余程アンテナを張っていない限りその情報を見つけることは難しく、
    ときに見たかったものを見逃してしまうこともあるのではないでしょうか。
    そんなジレンマを抱えた札幌在住のアート、デザイン、音楽、演劇関係者やファンは多いはず。

    「使いやすくて見た目もスマートな、
    札幌のアート・デザインなどのイベント情報サイトが欲しい!」

    そんな願いをずっと抱いてきた、このサイト構想の発案者である、
    それぞれデザイナーの小島歌織と佐藤史恵がTwitter上で声を上げ、
    そこに数名が加わり、サイト構想について意見を交わしたのが、2011年のことです。

     

    間が空いて2012年、Twitter上で二度目のやりとりが起きた時、イベントや展覧会の企画・運営・コーディネートを行なうカジタシノブがその輪に加わります。

    「こんなサイトに興味のある方、一度集まってみませんか?」
    カジタの呼びかけで、ライターや翻訳者が集まりました。
    「会社や団体ではなく、志のもとに自由に集まった自分達だからこそフラットなかたちで
    サイトを立ち上げることが出来るのではないか」という希望が生まれ、
    「ART AleRT SAPPORO」はその第一歩を踏み出すことになりました。

    集まったのは、デザインをする人、文章を書く人、翻訳する人、
    プログラマー、プロジェクトを盛り上げる人。
    幸いにもサイトを立ち上げるには十分なメンバーがそろいました。
    そして、このサイトに興味を持ってくれたり、
    支援してくれる人たちからの声も届くようになりました。

    私たちは「自分たちが使い続けたいと思えて、
    なおかつ人にも薦めたくなるサイトを作りたい」
    という熱意と勢いだけでこのプロジェクトをスタートさせました。
    それぞれに仕事を抱えているため、その歩みは随分のんびりなものでしたが、
    サイトを立ち上げる際の様々な制約をぬきに、楽しんでやるということを重要視して、
    手探りしながら準備してきました。

     

    さて、私たちは、「ウェブサイトを作りあげること」は達成しました。
    本当に大切なことは、これから継続して多くの人に使ってもらえるサイトにするため、
    常に情報を見つけ出し掲載すること、
    また展覧会をレポートしたり、生の声や現場の様子を伝えていくことだと思っています。
    そして、それを続けていくために支援してくれる方たちの声やご協力も、
    運営していく上で、なくてはならない力です。

     

    「ART AleRT SAPPORO」を"楽しんで"作り、そして続けていくこと。
    そんな想いを共有できる方たちと、ともにこの場を作って行けたらいいと思っています。

    サイトを訪れてくださった皆さまに
    「ART AleRT SAPPORO」を 楽しく活用して頂けるよう、日々頑張って参ります。
    皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

     

    スタッフプロフィール

    ◎阿部 雅子 Masako Abe
    1975年岩手生まれ、札幌在住。
    舞台美術製作、デザイナーを経て、北海道演劇財団入職。演劇制作に従事。
    扇谷記念スタジオ・シアターZOO支配人。ACF札幌芸術・文化フォーラム事務局。
    演劇創造都市札幌プロジェクト事務局。札幌劇場連絡会事務局。

    ◎大西 由美 Yumi Onishi
    1980年小樽生まれ、札幌在住。
    札幌市内の大学で、外国人に日本語を教えている。
    当サイトでは、多言語化をめざし、外国人ボランティアとの調整等を担当。

    ◎カジタシノブ Shinobu Kajita
    1977年東京生まれ、札幌在住。
    イベントスペースATTICの立ち上げ・運営に参加。 2012年にはクリエイターや多様なジャンルのオーガナイザーが参加するシェアオフィスtabを設立。 イベントや展覧会などの企画・運営・コーディネートを行なっている。

    ◎小島 歌織 Kaori Kojima
    1982年苫小牧生まれ、札幌在住。
    グラフィックデザイナーとして広告デザインや企業のブランディングなどを手掛けながら、グラフィックやドローイングなど自身の創作活動を展開。最近では作品を冊子におさめるZINEを製作している。
    http://kojikko.flavors.me/

    ◎佐藤 史恵 Shie Sato
    1978年十勝・幕別生まれ、在住。1997〜2011年札幌。
    十勝、札幌において印刷物やウェブサイトを中心にデザイン制作を手がける。2007年より山本曜子とともに小冊子「旅粒」を発行。
    http://sa-plus-o.com/ , http://www.tabitsubu.com/

    ◎山本 曜子 Akiko Yamamoto
    1979年小樽生まれ、札幌在住。
    デザイナーの佐藤とともに小冊子「旅粒」を発行。ライター。
    http://www.tabitsubu.com/